ホームページ制作で集客力を50倍にする方法

ホームページ制作はビジネスの成否に直結します。集客力を50倍にするホームページ制作方法をご紹介して行きます。

SXOってご存知ですか?検索上位化のために必須の考え方

SXOって聞いたことあるでしょうか?

 

SEOなら聞いたことあるけど…。SXO??」

 

という方も多いと思います。

 

ですが、このSXO、とても大事な考え方であり、

ホームページを制作するうえで今注目を集めている施策となります。

 

SXOとは?

SXOとは、「検索体験の最適化」(Seach Experience Optimization)

のことです。

 

SEOは、「検索エンジン最適化」(Search Engine Optimization)

ですので

 

SEO=検査エンジン(ロボット)最適化

SXO=検索する人が快適になるような対策

 

ということです。

 

つまり、SXOは、

検索ユーザーに快適な閲覧体験を提供すること

なのです。

 

つまり、ロボットではなく、閲覧者という「人」に焦点を合わせた改善対策ということになります。

 

SXOがなぜ重視されるのか?

 

検索エンジンは今、「ユーザーファースト」を掲げていて

ユーザーにとって

必要な情報が書かれている

閲覧スピードなどの環境が快適である

モバイルでも「読みやすい」「使いやすい」

 

などが求められています。

 

ですから、SEOで検索で上位化するためには

ロボット対策ではなく

ユーザーを第一に考える改善が必要になっている・・・ということです。

 

SXO対策として具体的に何をすればいいかなどは

  ↓ ↓ をご覧ください。

⇒SXOとは何か?SEOとSXOの関係

 

ホームページのコンテンツに見出しを入れる意味とは?

検索で上位になるために必要となるタグに

タイトルタグ、ディスクリプションタグ・・・など様々ありますが、

 

見出しタグ、いわゆるhタグもとても重要です。

 

検索エンジンは、コンテンツの質をとても重要視しています。

 

ですので、各ページ、文章がとても長くなります。

 

WEBページの長い文章は、とても読みずらい・・・

ですよね。

 

このときに、適切な見出しがあれば

ページ全体の構成も理解しやすいですし、

「見出し」⇒文章

「見出し」⇒文章

「見出し」⇒文章

という構成なら、読みやすくなります。

 

見出しは、ただ太字にしたり、色を変えたり、文字の大きさを変えたり

だけではなくて

きちんと「見出しタグ」(hタグ)を設定することで、

 

検索エンジンにもページの構成を伝えることができ、

SEO効果を高めます。

 

大見出し ⇒ h1 タグ

中見出し ⇒ h2 タグ

小見出し ⇒ h3 タグ

 

となります。

 

hタグ

見出しタグを適切に設置して、

閲覧者によみやすく、

SEOに強いページに仕上げて行きましょう。

 

 

hタグ(見出しタグ)とSEO

 

ホームページSEO

検索エンジンに多くのページをインデックスさせるために

ホームページをせっかく公開したのに

肝心のページが検索エンジンに認識されない・・・

 

こういう悩みを多くの人が持っています。

 

検索エンジンは、新しいホームページを見つけると巡回(クロール)して

情報を集め保存します。(インデックス)

 

検索エンジンがクロールしても

全てのページが検索エンジンに保存されない(インデックスされない)

というところがミソです。

 

検索エンジン側が、「必要」と判断するものだけを保存する訳ですから

なかなか「検索しても、ページが見当たらない」

ということになるわけです。

 

検索エンジンにインデックスされないことには

検索で上位になるスタートラインにも立てません

 

では、なるべく早く、

多くのページをインデックスしてもらうためにはどうすればいいか?

 

2つの方法を行いましょう。

 

サーチコンソールに「サイトマップ」を登録する

 

ホームページを公開するときに

グーグルの「サーチコンソール」登録は必ずしましょう。

 

そして、サーチコンソールの中に

サイトマップ」というところがありますので

サイトマップを作成して登録しましょう。

 

ブログを活用して、内部リンクを充実させる

 

ホームページ内にブログを設置して、

ブログ記事を書いて、検索上位化を目指すページにリンクを貼ります。

 

こうすることで、内部リンク効果でSEOの力が増しますし、

リンクされたページが、検索エンジンにインデックスされやすくなります。

 

・・・・・

 

検索での上位化は、ホームページ運営者の不断の努力の結果となります。

 

ぜひホームページから新しい情報発信を続けて

WEB集客力の強いサイトに近づけていってください。

 

検索エンジン

 

nature-company.com

 

 

 

 

タイトルタグは、SEOに最重要なタグ

ホームページを制作して、狙ったワードで検索上位になるためには

「タイトルタグ」

の設定が重要です。

 

タイトルタグは

グーグルなどで検索すると、そのページの「タイトル」として表示されます。

 

(ディスクリプションタグは、説明文となります)

 

タイトルタグ

 

検索エンジンは、タイトルタグを最初に確認して

「このページは、このタイトルで書かれたものなのだな」

と認識します。

 

そして、タイトルタグに入っている「ワード」を

情報として取り込んで、検索順位を決める要素にするわけです。

 

ですが、とにかく狙ったワードを埋め込めばいいかというと

そういうわけではなく

効果の高いタイトルタグ設定をしないとだめですし、

 

間違った方法でタイトルタグを書くと

マイナスになることがります。

 

効果的なタイトルタグのルール

SEO効果を上げるためには、

以下のルールをしっかり頭に入れて設定してください。

 

重要ワードを先頭に

検索エンジンは、最初に書かれているワードから順に

重要ワードと認識しますので、狙いたい一番のワードを最初に書くようにします。

 

ワードを埋め込みすぎない

タイトルタグにたくさんワードを埋め込んでいるものを見かけますが

ワードを増やせば増やすほど、一つ一つのワードの力が分散されます。

絞り込むことが必要です。

 

コンテンツとの整合性

タイトルタグに書かれているワードが

そのページのコンテンツ(テキスト文章)になかったり、少なかったりしますと、

タイトルタグとコンテンツの生後素性に問題あり、と認識されてしまい、

検索上位化できなくなります。

 

これらのことが↓に詳しく書かれていますので、ぜひご一読ください。

     ↓    ↓

⇒SEO効果を上げるタイトルタグの書き方

 

nature-company.com

すべてをユーザーファーストに!…これが

SEOというと、

何かのテクニックで検索上位になる方法・・・

というイメージを持つ人が多いかもしれません。

 

もとろん、SEOにテクニックはありますし、

SEO的に「やってはいけないこと」「やるべきこと」はいろいろとあります。

 

ですが、SEO=テクニック、という考え方は、もはや古いです。

 

検索エンジンはどんどん進化を続けていて

小手先のテクニックだけで上位になれる時代は「とっくに終了」しています。

 

今、何が求められているかと言いますと

「検索ユーザーが求めている内容を提供しているコンテンツ」

「HPユーザーが、快適に閲覧でき、危険がない状態」

です。

 

これらを象徴する言葉として「SXO」ということが言われていて、

この言葉は、「検索ユーザーに最高の体験を届けること」を指します。

 

SEOは「コンテンツファースト時代」と言われることがありますが、

 

今ではもっと進んで、コンテンツを含めて

SEOは「ユーザーファーストの時代(SXO時代)」と考えた方がよいでしょう。

 

ユーザーファーストの対策内容

 

ユーザーファースト、つまり、閲覧してくれたユーザーに最高の体験とを届けること

…これを行うためには、以下の3つの内容が必要です。

 

  1. 閲覧ユーザーが求めている内容(コンテンツ)を提供する
  2. ユーザーの閲覧環境を最適化する
  3. セキュリティー強化を行う

つまり

「コンテンツ」「表示スピード」「文字の大きさ」「操作性」「関連情報の見つけやすさ」「モバイル閲覧環境」「SSL対応」

などなど、

ユーザーにとって、内容も、環境も「最高!」と言えるものに

ホームページを仕上げて行くことが大切になっているのです。

 

ビジネスでホームページを作る場合、どうしても、

「自分たちが伝えたいこと」を優先させ、

「過剰なデザインなどで自己満足すること」に進んで行きがちです。

 

ですが、一度立ち止まって

閲覧者が読みたい内容は何か?

閲覧者に、わかりやすく書かれているか?

スマホでの表示速度が遅くてイライラさせないか?

閲覧者が探したい情報を見つけやすいか?

 

などを考えてホームページ制作を行い、チェックを行いましょう。

 

ユーザーファーストの徹底が、SEO効果を上げる近道なのです。

 

nature-company.com

選んではいけないホームページ制作会社

ビジネスでホームページを持とうとするときに

どのホームページ制作会社に頼もうか…迷うと思います。

 

制作会社の選び方は様々な観点から決めて行かなければなりませんが

 

まずは「選んではいけない制作会社」について

はっきりと認識しておくことが大切です。

 

訪問営業・電話営業をしてくる制作会社

 

これは、ホームページ制作会社だけでなく、SEO会社にもあることなのですが

電話で営業してくる

訪問営業してくる

こういう制作会社・SEO会社は避けてください

 

電話や訪問で営業してくるということは

インターネット関連の事業をしているにもかかわらず

ネット上で集客する力がない、ということを如実に物語っています。

 

WEB集客やSEOがわかっていて、自社の集客をネット上で完結している会社は

電話や訪問での営業は必要ありません。

 

SEOに強い会社なら、検索からの集客で十分ビジネスを回せるはずなのです。

 

それができない、ということは

ホームページ制作会社でありながら

WEB集客もSEOもわかっていないということですので、

依頼して制作したホームページからネット集客はできません

 

また、電話や訪問営業のための人件費が膨大になりますので

制作費もその分上乗せされ、非常に高いケースが多いです。

 

リース契約を提案してくる制作会社

 

リース契約」は、5年契約で○○万円などでホームページ制作を提起してくるケースです。

 

こういう会社は本当に避けてください

 

「月額で○○万円で済みます」など、安いように言いますが

総額で数百万円になることが多く、

途中解約できない契約書になっていることがほとんどです。

 

ホームページの質が悪くても、

web集客が全くできなくても、

解約することができず、総額を支払うことが必要になってしまいます

 

多くの場合、電話・訪問営業をかけられて

営業トークを聞かされたうえで「リース契約」を持ち出してきますので

まずは絶対にのらないようにしましょう。

 

本当に多くの被害が今でも広がっていますので、ぜひ注意して下ださい。

 

nature-company.com

 

タイトルタグに地域名を入れる方法

ビジネスでウェブサイトを制作する場合、

SEOで上位化して集客することを目標とするでしょう。

 

あなたのビジネスが、一定のエリアで展開されるものである場合

そのエリアでの検索順位を上げることが至上命題となります。

 

どうすればよいかというと

タイトルタグに「エリア名」を入れることです。

 

タイトルタグは検索エンジンが最も重視するSEOタグですので

ここにエリア名を入れなければ、上位化することはできません。

 

ただし、思い付きでエリア名を入れるだけでは効果がない場合もありますので注意が必要です。

 

必ず調査をしてから、エリア名を決める

 

よくあるタイトルタグの間違いは

やたらと多くのエリア名を列記してしまうこと。

 

たくさん入れればよいというわけではありません。

 

タイトルタグのワードは、多ければ多いほど

一つ一つの力が弱くなりますので。

 

できるだけ絞ることが重要になります。

 

ただ、できるだけ絞ると言っても、どれくらい絞ればいいか?

わかりずらいと思います。

 

そこで必要となるのが「キーワード調査」です。

 

やり方は、グーグルの「キーワードプランナー」を使います。

 

検索ボリュームを必ずチェックして決めよう!

 

キーワードプランナーは、無料で使えて

グーグルでの月間の検索数がすぐにわかります。

 

たとえば「トレーニングジム」を経営しているなら

最寄りの駅、近い駅、市や区などの行政エリア名、県名など

「トレーニングジム 新横浜」「トレーニングジム 港北区」「トレーニングジム 岸根公園」「トレーニングジム 横浜市」などなど、いろいろとキーワードプランナーで調べてみてください。

 

もしかしたら、思いのほか検索数が多かったり、少なかったり、ということが出てくると思います。

 

もちろん広い行政エリア名での検索数は多くはなりますが

広いエリア名は、その分競合が多くなりますから、上位表示も難しくなります。

 

キーワードプランナーでは上位化の難易度もわかりますので参考にしながら

あとは、あなたのビジネスモデルに沿ってエリア名を決めてください。

 

エリア名は、多くても3つくらいまでがよいと思います。

 

(これもビジネスの寄って違いますので、一概には言えませんが)

 

SEOタイトルタグの「エリア名」は

WEB集客に大きな影響を持ちますので、調査して、熟考の上決めるようにしてください。

 

エリア名ワードの決め方

 

nature-company.com